私たちはどうかしている

わたどうドラマ椿は誰の子?多喜川とは異母兄弟?

わたどうドラマ椿は誰の子?多喜川とは異母兄弟?
Pocket

ドラマ「わたどう」椿は誰の子?多喜川とは異母兄弟なのか?についても詳しくネタバレでご紹介していきます!

ドラマ「わたどう」では、回を増すごとにドロドロの人間関係が明らかになってきていますね。

誰が主人公・七桜の味方で、犯人は誰なのか?と、気になる展開が続いていますね。

特に、謎の男性・多喜川って何者なの!?と疑問に思っている方は多いはずです。

原作コミックではすでに明らかになっていますが、椿と多喜川の間には深いつながりがあり、複雑に絡み合っています。

そこで今回は、ドラマ「わたどう」椿は誰の子なのか?多喜川と異母兄弟の噂は本当なのか?についてネタバレでご紹介していきます!

多喜川は七桜の味方なのか?についても触れていきますので、最後までじっくりお楽しみくださいね♪

 

ドラマ「わたどう」椿は誰の子?ネタバレで紹介!

ドラマ「わたどう」の主人公の一人・高月椿。

横浜流星さんが演じるこのキャラクターは、一見冷徹な表情を見せますが、実は和菓子に対する熱い思いを持った人物です。

15年前父親が刺殺される事件の目撃者でもあり、七桜の母親・百合子を犯人であると証言した人物でもあります。

高月家の息子として、老舗和菓子屋・光月庵の跡取りといわれてきました。

しかし、実は椿の父親は高月樹ではなく別人であるという噂が・・・。

では一体椿は誰の子なのか?ネタバレで見ていきましょう!

 

椿の母親は光月庵女将・今日子

まず、椿(横浜流星)の母親は光月庵の若旦那・高月樹(鈴木伸之)と結婚し、女将となった今日子(観月ありさ)で間違いありません。

椿は、高月樹と今日子の子供として育てられました。

しかし、実は樹は七桜(浜辺美波)の母親・百合子(中村ゆり)と恋愛関係にあり、不倫をしていました。

樹が愛していたのは百合子であり、そのために今日子に触れることはありませんでした…。

今日子はその寂しさから心を病み、自身も不倫へと走ります。

その不倫相手との間にできて生まれた子供が、椿だったのです。

 

椿の父親は多喜川薫の父親!

政略結婚をして、愛される事がない寂しさを紛らわせるために今日子が不倫していた相手は、多喜川薫の父親でした。

多喜川薫の父は光月庵の常連のお客さんで、地元の名士。

多喜川薫の父親が今日子に惹かれ、不倫関係となりました。

多喜川薫自身にもまだまだ謎が多く秘められているキャラクターですが、その父親が椿の父親だったなんて…!

驚きますし、かなり複雑な血縁関係が明らかになりましたね。

 

多喜川薫の父親の現在は?

ドラマ「わたどう」の中で、かなり重要なキャラクターとして浮上した多喜川薫の父親ですが、現在はどうなっているのか?というと、すでに病死しています。

そのため、今後登場シーンがあるかは不明ですが、過去のエピソードシーンで少し登場する可能性がありますね。

ただ、高月家の跡取りとして椿が選ばれる事を今日子は強く望んでいます。

もし樹との間に血の繋がりが無いと知られてはその計画も無くなってしまうでしょう。

今日子と多喜川薫の父親が会うシーンがあったとしても、こっそり心のより所にしていたのでしょうね。

 

高月樹は椿の父親の存在を知っていた?

椿は、高月樹と今日子の子供として、さらには光月庵の跡取り候補として育てられました。

しかし、実は樹も椿と血の繋がりが無い事にはもちろん気づいています。

百合子に惹かれる樹は、今日子に1度たりとも触れていないとされていますので、当然ですね。

ただ、自分が百合子に惹かれ続け関係を持ち続けていることから、今日子を責める事はできないでしょう。

その男性との間に生まれた椿自身にも罪はありませんからね。

そのことを受け入れた上で樹は高月家の息子として厳しく椿を育てていました。

 

ドラマ「わたどう」椿と多喜川は異母兄弟?七桜との関係は敵なのか?

ここまでご覧いただいて、椿と多喜川薫は、父親が同じということは理解いただけたと思います。

つまり、違う母から生まれた、『異母兄弟』というわけです。

多喜川薫は謎の多いキャラクターですが、椿と血の繋がりがあると思うと衝撃ですよね。

何かを企んでいることは確実ですが、一体何を考えて、何が目的なの?と疑問だらけです。

そこで、多喜川薫についても少し整理して考えていきましょう。

これまでに明らかになっている情報をネタバレでご紹介していきます!

 

多喜川薫はどんな人物?

ドラマ「わたどう」で山崎育三郎さんが演じる多喜川薫は、七桜が住み込みで働いていた和菓子屋をクビになり途方に暮れている時、路上で七桜に手紙を渡した謎の男性。

突如として現れたその男性の風貌は、ヒゲをたくわえ、少々怪しい様子にも見えましたよね。

  • 多喜川薫が七桜に手紙を渡した時の年齢32歳
  • 武六会のメンバー
  • 名家の息子
  • 母親は日舞の師範(死亡)
  • 父親は地主(病死)
  • 父親は光月庵の女将と不倫関係にあった

これまでに分かっている多喜川薫の情報をまとめるとこのようになります。

武六会というのは、由緒ある老舗6店が参加する会の事で、参加しているお店は以下の通り。

  1. 光月庵
  2. 白藤屋
  3. 芥田流
  4. みどり川
  5. 長谷川
  6. 多喜川

光月庵は圧力をかけられるような圧倒的権力のある老舗だと言えますので、その光月庵と名を連ねる多喜川も、かなり大きいと考えられますね。

 

多喜川薫は今日子を恨み復讐を計画?

多喜川薫は、今日子が父親を不倫をしたせいで、家族がめちゃくちゃになった…と、今日子に恨みを抱き、復讐を企てます。

多喜川薫の父親が今日子に惹かれて不倫関係になったという経緯もありますが、その気持ちを利用していいように父親を利用した今日子が許せないのでしょう。

今日子に復讐をするとなると、考えられるのは…

  • 光月庵から追い出す
  • 椿が跡取りになれないように妨害する

などが考えられるでしょう。

樹が百合子に惹かれているのを知りながら、百合子との結婚を許さず今日子と結婚させたのは、光月庵の大旦那(佐野史郎)。

大旦那は椿が樹の子供でない事に気づきながらも、今日子はそれを断固として否定。

しかし、光月庵の跡取りとして椿を認めていない様子も見せています。

この状況の中、今日子が父親と不倫関係にあった…!とバラす程度では復讐になるとは言い切れませんよね。

光月庵から追い出そうにも、今日子は今や女将として従業員たちを牛耳る存在ですから、一番効き目があるのは椿を跡取りにさせない妨害行為かもしれません。

 

復讐のために七桜が利用された?

多喜川薫が突然あらわれ、「やっと会えましたね。七桜さん」と声をかけ、七桜に七桜の母親からの手紙を渡したことで、ドラマ「わたどう」は加速していきます。

七桜が光月庵に乗り込み、七桜が光月庵に居られるように裏で手を回したのは多喜川薫。

七桜を陰から支える優しい人物のようにみえますが、じつは七桜が働いていた和菓子屋に七桜の母親の過去を暴露し、七桜がそこで働けなくなるように仕向けたのも、多喜川薫なんです。

七桜がクビにされるようなことをしたり、光月庵で暮らすように仕向けたり、何が目的なの?と気になる行動が多く見られますが、そのすべては自身の今日子に対する復讐のために行われている可能性がありそうですね。

また、七桜の生い立ちなど、全ての事実を知る多喜川薫は椿を跡取りにさせないために、七桜を光月庵に送り込んだという見方もできるでしょう。

 

多喜川薫は七桜の敵・味方?七桜のことが好きって本当?

多喜川薫が七桜に近づいたもう一つの理由は、七桜の母親・百合子との約束を果たすため。

多喜川薫は七桜の母親が作る和菓子が大好きで、七桜の母親とも知人でした。

その中で、七桜の母親は七桜が20歳になったら手紙を渡してほしいと多喜川薫に頼み、多喜川薫はその手紙を七桜に渡すために七桜の前に現れました。

この段階では復讐についても計画していたのかもしれませんが、七桜の前ではいい人を貫いていて、七桜も多喜川薫を恩人のように思っています。

その関係は長年にわたり、七桜を支える存在となっているわけですが、ある日突然、多喜川薫は七桜にプロポーズをします。

この本心は少々疑問で、本当に七桜の事が好きになってしまったのか?光月庵や今日子に対する復讐の一環なのか?はわかりません。

ただ、七桜は恩人でもある多喜川薫からのプロポーズに頭を悩ませます。

七桜が多喜川薫と恋愛関係になるとは考えにくいのですが、多喜川薫の行動には全て裏があるとみて間違いがないので、どのように展開していくのかが気になります!

 

まとめ

今回は、ドラマ「わたどう」椿は誰の子?多喜川とは異母兄弟なのか?についてネタバレでご紹介をしてきました!

多喜川薫がドラマ「わたどう」において重要人物であることがわかりましたよね!

また、椿と七桜の関係がどうなってしまうのか?も気になりますし、今日子に復讐を果たす事ができるのか?も見どころとなりそうです。

多喜川薫の父親を演じるキャストは現在も発表が無く、ひょっとしたらドラマには登場しないのかも…?と思いますが、ストーリーの上では必要不可欠なキャラクターですよね。

ドラマ「わたどう」でどのように表現されるのか?にも注目して、今後も見逃す事なく視聴していきましょう!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.