ブリーチ

ブリーチアニメ千年血戦篇の放送日はいつから?原作の何巻の何話までが放送される?

ブリーチアニメ千年血戦篇の放送日はいつから?原作の何巻の何話までが放送される?
Pocket

週刊少年ジャンプに連載されていた『ブリーチ』の千年血戦篇がアニメで放送されることが決定しましたね。

ブリーチは2004年からアニメで放送されていたのですが、2012年で放送終了していました。

しかし今回20周年プロジェクトとして、8年ぶりにアニメ化されます。

私としても原作も好きで、アニメも見ていたため非常に楽しみとなっております。

さて気になるブリーチの放送日はいつからなのか?

また原作の何巻の何話までが放送されるのか?

気になりますよね?

なので今回はブリーチアニメ千年血戦篇の放送日はいつから?原作の何巻の何話までが放送される?について考察させていただきます。

 

ブリーチアニメ千年血戦篇の放送日はいつから?

ブリーチ千年血戦篇が放送されることが公式に発表されましたね。

原作から本当に面白く70巻以上も続いたジャンプの漫画なので、ファンも多く千年血戦篇が放送されるのを喜んでいる方も多いのではないでしょうか?

私も小さい頃からブリーチが好きだったので、喜んでいるうちの一人です(笑)

実はブリーチは少年ジャンプで2001年から連載されていたため、もう連載されてから20年もたっています。

ブリーチは学園ファンタジー物語ですが、とにかく戦闘シーンに迫力があり面白いです。

原作もアニメも大人気で私の周りで知らない人もいないほどでした(笑)

させそんなとても大人気だったブリーチの久しぶりのアニメ化ですが、一体いつから放送されるのかを考察させていただきます。

 

ブリーチ20周年プロジェクトでアニメ化が発表された?

ブリーチは漫画が連載されてから20年経ち、ブリーチ20周年プロジェクトが発表されました。

このプロジェクトでは劇場中編のアニメーションの公開やブリーチ原画展の開催、そしてブリーチ『千年血戦篇』のアニメ化が発表されました。

この20周年プロジェクトのおかげで、『千年血戦篇』がアニメ化されるのが決定したみたいですね。

ずっと待ってたファンの方はとても嬉しいのではないでしょうか?

 

ブリーチ千年血戦篇の放送日は2021年の夏だと予想!

今のところ公式ではブリーチ千年血戦篇の放送予定日は決定していません。

しかし私の予想では2021年の夏に放送されるのではないかと予想します。

なぜなら漫画の連載が2001年から始まったため、2021年にちょうど20年が経ちます。

また人気アニメの傾向として夏だと視聴率が取れるため、夏なのではないかなと思います。

不確かな情報になってしまっているので、わかり次第情報を更新していきますね。

 

ブリーチのアニメ化は約8年振りに放送?

ブリーチのアニメ化には8年間もの期間が空いています。

なんで人気アニメのブリーチが8年間も放送されていなかったのか疑問に思いますよね。

恐らく放送されなかった理由は、漫画のストック切れか視聴率の低迷です。

約12年もアニメ放送していれば、視聴者も飽きも来てしまうでしょう。

ただこの8年間の期間が空いたことによって、私はもう一度アニメを見たいという気持ちになります。

なのでこの空白の時間はもしかしたら、アニメ会社の作戦だったのかも知れませんね。

 

ブリーチ千年血戦篇が放送されるのは本当に嬉しい!8年間ずっと待っていました(笑)千年血戦篇は熱くなれて面白いので絶対に流行りますね
やっとブリーチの千年血戦篇が放送される!!原作から大好きなので本当に楽しみです。それにしても20周年おもでとうございます!

 

ブリーチアニメ千年血戦篇は原作の何巻の何話まで?

さて今回ブリーチの千年血戦篇が放送されるのが決定したのですが、原作の何巻から放送されるのかご紹介させていただきます。

ブリーチのストーリーは「死神代行篇」「尸魂篇」「波面篇」「死神代行消失篇」「千年血戦篇」と5つのストーリーに別れています。

今回放送されるのは「千年血戦篇」となり、最終章となりますね。

この千年血戦篇が本当に面白くブリーチの集大成なのかなと私は思います。

それでは千年血戦篇の原作は何巻からの放送なのかご紹介させていただきます。

 

ブリーチ千年血戦篇は原作の55巻から最終巻686話まで?

ブリーチの千年血戦篇は原作通りに放送されるのであれば55巻からの放送となります。

また原作では『千年血戦篇』でブリーチ自体が完結するので、最終巻まで放送されます。

ブリーチは74巻で完結しているため、20巻分のボリュームとなりますね。

20巻となると結構なボリュームになるため、放送は2クールで放送されるのではないかと予想されます。

また結構駆け足で放送されてしまうのではないかなと思います。

個人的には尸魂篇の次のストーリーになるので、とても楽しみですが結構なボリュームがあるので、長く放送してくれると嬉しいです。

 

ブリーチ千年血戦篇のあらすじを簡単にご紹介!

千年血戦篇では尸魂界で、大量の虚の消滅されて物語がスタートします。

尸魂界では見えざる帝国という名前の組織から攻撃を受け、大量の死神が虐殺され、宣戦布告を受けます。

実はこの見えざる帝国とは滅却師の集団だったのです。

見えざる帝国のトップはユーハバッハと呼ばれる男となり、尸魂界に侵略してきます。

護延十三隊が攻撃するも戦死者が千人以上の損害が出て、大きな戦力差を実感します。

しかし星十字騎士団の3人を瞬殺した更木や山本がユーハバッハの元にたどり着きます。

ただそれでもユーハバッハには全く歯が立ちませんでした。

見えざる帝国に敗北した護延十三隊ですが、名前だけ聞かされていた尸魂界の王である霊王の存在を思い出します。

しかしあっさりと見えざる帝国に敗北してしまいます。

ここで一護には滅却師の血を引いていることが発覚します。

またかつて敵だった月島などが味方として登場します。

月島の力によって斬月を復活させた一護は、ユーハバッハとの闘いに合流し、愛染の鏡花水月によって一護はユーハバッハの背後に一撃を食らわせます。

そこでユーハバッハについていたと思われる石田が、実は一護を守るために内部に侵入していたため、一護側につきます。

雨竜は一瞬能力を無効化させる能力を持っており、ユーハバッハの動きを止め、そこで一護はユーハバッハを倒します。

以上が簡単にまとめた千年血戦篇のあらすじになります。

かつて敵だった者たちは味方になるのは、読者として胸が熱くなれる展開ですよね。

 

まとめ

それでは今回はブリーチアニメ千年血戦篇の放送日はいつから?原作の何巻の何話までが放送される?について考察させていただきました。

放送日については不確かな情報となってしまいましたが、おそらく2021年の夏に放送されるのではないかと予想されます。

原作の何巻から何話までのかは、千年血戦篇は原作の55巻から最終巻686話までの放送となります。

ブリーチのアニメは8年振りとなるので、『千年血戦篇』はとても楽しみですよね。

私自身尸魂界の次に好きなストーリーになるので、嬉しいです。

なにより千年血戦篇は展開がとても熱く、敵だった者が味方として一緒に戦っている姿は胸が撃たれました(笑)

原作から見ている私はもう今から楽しみに待っていようと思います。